第二百四十夜 - 季節のフーリエ変換

4年前にマラケシュを一緒に旅した友人と、久しぶりに少し話をした。くだんの、自身を彫刻する接線の集合体の話に触れて、彼は、「フーリエ変換できるかもしれないね」とだけ云って、少し間を置いた。さて、どういうことだろう。でもフーリエ変換というのは、季節を考えたりする時に、面白い考え方かもしれない。

stairs

電車を降りてホームを歩くと、艶やかに湿った空気が、何かの華を思わせたりする。そして、月がすこし朧気にみえていて、これは、次の季節の匂いにも似ていたりする。つまり、いまは冬にまだ少し居ながら、春の足跡を聞いているんだね。ただ帰り道には、春をさらに飛び越した、雨上がりの夏の朝の匂いすら感じることができる。

すべての季節は独自のリズムを持っているけど、ただそれぞれのリズムですべて、拍子が違っているだけなのかな。すべての季節は、一年間を通して、そのリズムを刻んでいるけれども、秋にはたまたま秋のリズムが強調されているがために、ぼくたちは、ほかの三つのリズムを聴き逃してしまっている。でも、ある季節に、あるリズムの中に、ふと別のリズムがきこえてくることがある。

三拍子の冬と、四拍子の春がある。最近はずっとワルツにしか聞こえなかったけど、すこし暖かくなると、ふと空気の中に、4拍子のヒントを見出すことができる。すると、最小公倍数の12拍目の後に、同じシンバルが刻まれる!ここで二つの季節が混じり合う。小春日和とかね。これはフーリエ的?でもないか。

scenery in morocco

と答えると、彼はこう云った、「時間の波、曜日の波、季節の波、厄年の波、寄る年の波、そして鼓動の波、貧乏揺すりをする時の波、まばたきの波… 全くランダムに見えるグラフ - 仮に脳内興奮物質の総量の時間変化として - を細かく分けて行ったら…? 実は些細な波の集まりが、さらに大きな振幅を持っているかもしれない。」

なるほど、僕たちの思考の波の周期は、少なくとも今晩、公倍数を見出した!あとは一拍先にシンバルを待つのみ。


About this entry