銀河鉄道の夜 ― 文字の影に隠したメッセージ

宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」。星祭の夜にジョバンニとカムパネルラが鉄道に乗り、いろいろの場所で空の星々を眺めます。作中には、たくさんの地名、星座の名前が登場します。星々の南中時刻を組み合わせて分析すると、描かれているのはちょうど「8月13日」の夜でいあるとわかるそうです! しかも8月13日の夜といえば、ペルセウス座大流星群。星降る夜、まさに星祭です。

この童話の中には多くの星や星座が登場しますが、しかし「ペルセウス座」という言葉だけは、最後まで決して出てこない。宮沢賢治は、最も大事な言葉を行間に隠したのかもしれません。

 

あるイベントで対談をご一緒した、サイエンスライターの竹内薫さんから聞いたお話です。うっかり人に話してしまいたくなる、素敵な話です(この「うっかり」話したくなる、というのは本当に大事です。聞くという受動的な行為が、能動的な発信に置き換わるきっかけになるから)。

宮沢賢治は、誰かがきっと見出してくれると信じて、ペルセウス座を、文字の影に隠した。誰かが見つけてくれることを祈った、そして誰かが本当に見つけてくれた――と、想像します。頼りないメッセージとして投瓶通信は放たれ、時を越えて確かに誰かに届いた。甘美な営みに心を奪われます。「うっかり」話したくなる。実際に僕はそれからすぐ、仕事で出会った人、友人、初対面の人、多くの人にこの話をおすそ分けしました。

コンテクスト(ある逸話)がコンテント(ある童話)をより強固に魅力的に見せる、一例です。